2009年 01月 30日 ( 1 )

1/30(金) PTSDと眼球運動

 PTSDに眼球運動はとてもいいらしい。

 眼球運動をしながら心理学的治療を施すと、心的外傷に効果があると、以前、読売新聞で読んだ。パニックが減るのだ。
数回で効果があると書いてあった。

娘もイプラスジムで交互に目標物を見るトレーニングや、壁に並んだ電気のつくボタンを次々押して行くゲーム的なトレーニングをしているようだ。

きっと何かしら脳にいい効果があると思う。

というのは、先日息子と娘と私の三人で、結構楽しく話をしながら夕食を食べていた時のこと。
息子と娘の背中側にテレビが有るのだが、話の途中で急に娘が、ひょこっと立ち上がりテレビの方へふらっと行くのだ。
何が起こったのか?とテレビを見ると娘の好きなWaTがテレビに出て歌っているのだ。

 大げさでなく、今までにこんな事は無かった。
話をしている時は、それだけでいっぱいいっぱいになる娘。
通常会話中に、テレビの出演者に気を回すのは私と息子の役目で、どちらかが気がついて娘に「あっ!WaTや!」と知らせるのだ。
私が「えっ?気がついたん?」と聞いてみると「なんか声が聞こえてきてん」だそうだ。

こういう風に小さい事から、少しずつ変わっていくのだと思う。
希望の持てる事もあるのだ!
[PR]
by yoko9021 | 2009-01-30 00:31 | アスペ・子育て