2009年 01月 12日 ( 1 )

1/12(月祝) 発達障害と診断

 今、娘が通ってお世話になっている居場所(フリースペース)の代表が言うには「〝発達障害の疑いが有るから診断してもらったらどうですか〟なんて、言えない。いたずらに親を怒らせるだけだ」そうだ。そんなアホな。

 実際、そこに通っているメンバーのお母さん達と話していると、将来に対して相当に不安を持っている。
ある人は30歳をすぎた息子がいる。息子は父親とも仲が悪く母親だけが批判を受けながら息子の為に心身砕いて行動している。その息子さんは、何でも無い事にパニックを起こすとか、こだわりとか、勉強はできていたのに、ちょっとずれている。というお母さんの話から、発達障害も視野に入れて考えていかなければ、一生、父親の理解も得られず母親だけが疲弊してしまうのではないかと心配になる。

〝親を怒らせるだけ〟なのは、説明する方に知識がないからだ。
親は自分の子どもに何が起きているのか知りたいのだ。
 発達障害というキーワードから当事者は「どうしてできないの?」「どうして適応できないのか?」と責められなくなる。それどころか、「うまくいかない中、よくがんばってきたなぁ」と認められるのではないのかな。

そして発達障害者支援センター等で、適性を調べてもらえる。親も子もいたずらにくよくよする事が減るのではないかと思う。

今度の代表との面談で、この事を話題にしたいと思う。立ちすくむ親達が気の毒だ。親の気持ちを分かってほしいと思う。第一、居場所にまで所属している親が立ちすくんでいるというのは、おかしいと思う。分かりやすく方向を説明できなければ変だ。
[PR]
by yoko9021 | 2009-01-12 01:30 | アスペ・子育て