12/18(木) 娘のプラス思考

 親が鬱の娘に「もっと明るく考えてみよう!」なんて声掛けしても実行しないものだ。
だって親は四六時中いて、いい顔だけ見せている訳ではない。
「あーしんど!」とか愚痴っぽい事もしょっちゅうだ。
そんな親が「明るくした方がいいよ」なんて言っても娘には伝わらない。

その点ジムトレーナーが言うとプラス思考が娘の頭に注入されるようだ。
娘はイプラスに体験も含めてもう5回行っている。
すると、「過去は仕方なかった。パニックになったりしたのは自分を守る為に仕方なかった事かもしれない。辛いのは今じゃなくて、辛かったのは過去だ。自分を守る為やったらしんどかったのも仕方なかってんなぁ」という言葉を、さらりと言っている。
「誰?」っていう感じだ。

本当に「な、なんということでしょう!」(ビフォーアフターっていうTV番組か?)っていう気持ちです。
ついこの前まで、「私は外へ行けない、辛い、しんどい、学校やめる、入院しか無い」と騒いでいた娘が、「年賀状書くわ」と言っている。
プラス思考を学ぶと変わってくるとか聞いたけど変わるかも?

今までのマイナス思考一点張りの頭に急にプラス思考が入っきたので、頭の中でその二つがせめぎあってる感じだそうです。それでちょっと、しんどいとか。
半々くらいに落ち着いたらいいのですが…。

この調子であとは、リラックスとバランス感覚みたいなものも獲得できたらと思いますが、どうでしょう。

なんか、熱を出した娘、これって知恵熱?
[PR]
by yoko9021 | 2008-12-18 00:18 | アスペ・子育て
<< 12/19(金) K-20、怪... 12/15(月) アスペルガー... >>