<   2010年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2010,12/25(土) 娘のアルバイト

娘が郵便局のアルバイトに出かけた。
年末年始の十日ほどの間の午後に一日三時間のパートで働く事になったのだ。
そして今日が出勤一日目。

どうなっているかと心配しながら私が夜に戻って聞くと
娘「あかんかった」
私「どしたん?」
娘「倒れた。視界が狭くなって、耳が遠くなって、手が振るえて足が振るえて意識が薄くなってん」
それで一時間で早退してきて、自己嫌悪中だそうだ。

夫はその話を聞いていて不機嫌な顔になる。
私「前にも倒れたことあったなぁ」
娘「そうやねん。こんな事、前にも有って立ち直れたから、たぶん、大丈夫」

娘には、回復する力は有るのだが、サポートがまだまだいるのだと思った。
その時、リラックスを思い出したり、『大丈夫、落ち着けばいい』と自分を取り戻したりできたら、その瞬間を乗り切れるのではと話をする。

がんばれ、娘。
[PR]
by yoko9021 | 2010-12-25 22:51 | アスペ・子育て

2010,12/15(水) 上方演芸の講演会

先日、上方演芸の講演会を聞きに府庁新別館に二回通った。
『上方演芸 基本の「き」』というお題で色々と面白いお話を聞けた。

一回目は上方についてのお話が聞けた。
大阪弁と京都弁は絶対に違うと子どもの頃から感じていた。
だけど上手に伝えるのはむつかしい。
今回講師の先生によると「水色」「東京」と言わせてみれば分かるとのこと。
なるほど!
他にも大阪弁で「めばちこ」は京都で「めいぼ」
知らなかった。

講師の先生も良かった!
「上方芸能」という雑誌の編集長さんだ。
知識もすごいし面白く伝えてくださる。
「シュッとした」という言葉に匹敵するが標準語が無いというのには「おおっ!」と変に納得した。
よく使うもんね。「あのシュッとした感じの〜」etc.

落語、講談、浪曲、漫才、喜劇、諸芸と多岐にわたってのお話はとても面白かったし、江戸との違いは、上方は多ジャンルでの交流が盛んで盛り上がっているとのこと。

二回目は桂かい枝さんの落語を三席、聞けた。
「手水まわし」と「堪忍袋」「恋するオトメ」
英語落語で有名なかい枝さんだが、古典も創作も大笑いだった。

この講座が二回で千円とは、お得だった。o(^▽^)o
[PR]
by yoko9021 | 2010-12-15 17:57 | 美術展他

2010,12/13(月) 愛情がわからない障害

 娘には”普通”の時がないのかもしれないと思う。
”普通”っていうのか、躁でも鬱でもない時という感覚が無いように感じるのだ。
ウツで、落ち込んでじーっと暗い時か、最近のように何で?っていうくらい行動している時しかない。

今のこの元気な時はブレーキがかかりにくい。
ちょっと注意すると批判されたとばかり、逆ギレするときもある。

こういう時って友人関係でも失敗しやすい。
家でも、娘の言動はしんどい。
解像度の高い話を延々とする。私は疲れる。

何気なく静かに穏やかに、過ごす事ができないのだ。
そんなん、簡単やん!と思うができないのだ。
自分で自分の事をして自分で解決してたら、あんなに喋らなくても良い。
自分のした事を認めてほしいのか、寂しいのか。

以前、娘が「発達障害って、自分が親から愛されてるって分からへん障害やわ。ずっと分からないままやった」と言ったことを思いだす。
愛されてるって分からないから、寂しいのかもしれない。
[PR]
by yoko9021 | 2010-12-13 14:08 | アスペ・子育て

2010,12/5(日) 奈良大仏マラソン

 夫が奈良大仏マラソンに参加した。
今回は、私も荷物番として付き合って奈良まで行った。

すごいたくさんの人だった。
フルマラソンで約一万人の参加で他のコースも入れると約二万人の参加とは、すごい。
よく晴れていた。
晩秋の奈良は、美しい。

夫は今回、5キロコース。
10キロコースを申し込んだが、定員いっぱいで締め切られていたそうだ。
すごい人気だ。

高橋尚子さんもニコニコと参加者を励ましながら走っていらっしゃった。
気さくな感じで、颯爽と走りながら手を振っていた。
Qちゃん!格好良かった。

ランチもおいしかった。
行って良かった!
[PR]
by yoko9021 | 2010-12-05 23:43 | ぶらりと出かける

2010,12/3(金) 認知のゆがみはお互い様

 先日、友人に会ったら
「この間の事、あれは以前にうちのBがAちゃんから言われた事を、思い出して私がごっちゃにして言うただけやから」と軽く言ってくる。
結局、あの帰り道にうちの娘Aと友人の娘Bちゃんの会話で、何を言われたかを聞いてみると
「BがAちゃんに貸した本を返してもらった時に『続きの本も貸そうか』とBが言うと『いらない。買うから』って高圧的に言われたんよ」と声を荒げる。
私は、これ以上無理だと思った。

私が娘から聞いたのとは違う。
「おもしろかったから自分で買うわ」と言ったと聞いている。
Bちゃんは、知り合いから勧められたけど「あまりおもしろくなかった」と言ってたそうだ。
なのに全巻揃えているお金持ちぶり。
だから余計に借りたくなかったのかもしれない。

もう、無理だ。
私は、AがBちゃんのことを言うと「Bちゃんはしんどくて混乱しているのかも。Aもしんどいときは混乱するやん」と友人の娘Bちゃんをかばってきた。
ところが、友人にとってAは、Bちゃんの敵になっている。

娘は言う
「”有る事無い事”を言われたのではなく”無い事無い事”を言われてる!」

発達障害を持ったしんどい者同志なのだから、つきあい方が大事なのだと思い知る。
春先にも、付き合い方で、娘に注意したところだ。
娘もこれを機会に、自分の自閉的なまずさを、本当に思い知らねばと思う。
自閉症ってアウトプットが苦手なのだ。
アウトプットのむつかしさ。
足していくべきところは、まだまだたくさん有る。

私も気をつけよう。
[PR]
by yoko9021 | 2010-12-03 17:54 | アスペ・子育て