<   2009年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

8/29(土) そのままでいいの?

 夫は、多分、高校生の時と変わってないのだとおもう。
本人が言うには「高校の時に、天然パーマが嫌で『親のせいや!』と親にキレていた」
夫の母にも「どんなに慰めてもあかんかった」と聞かせてもらった事がある。
気になる事、嫌な事は、頭の中のデスクトップに全画面表示されて、他の事は見えないし、考えられない。アスペの特質だ。
今も「娘が鬱陶しい」で頭がいっぱいだ。そこから抜け出せない。
そして、高校時代と同じように、周りにあたり散らかしている。
周りに甘えているのだろうか。
ええかげん、大人になれよ〜!
でもそんなに簡単にはいかないだろう。
自分を見つめるのは苦手なのだ。┐( ̄口 ̄)┌

大体、相手が娘だから偉そうに声を荒げたり、これみよがしに物に当たったりできるのだと思う。
もし、これが体格の小さい娘でなく、気が荒くて格闘技をするような大きな体格の男の子だったら、夫も、こんな態度にでれなかったのだとも思う。
これは、DVだ。( ̄□ ̄;)!!

一方、娘はこの二・三日、変わった。確かに、良いパスを意識しているかのごとく、良い返しをしてくる。

娘が家の中を歩くとき、すりすりと足を床にすりながら歩くクセが、ここ二ヶ月ほど気になってしょうがなかった。
以前「すりながら歩くのって、しんどいの?かかとから着地したらそんな音しないで」と私が言うと「しんどいから、こんな歩き方になるねん」という返事。
それからも、止める気が一向にないようだから、また私が「床をすらんと歩いて」と、言ってみると
「私だって好きでこんな歩き方してるんと違う!しんどいからしょうがないねん」と逆ギレだった。
ところが、昨日は「あ、ごめん、気をつけるわ」と返事が返ってきたのだ。
あの、娘から!!!!!こんな言葉を娘の口から聞いたのは、育ててきて、初めてだ。(涙)
いつまで、続くかわからない。でも、うれしかった。

おっさんの成長は、難しいだろうが、娘の方は、変わるかもしれない!

このブログのサブタイトルも変えようと思う。
ーアスペの夫と発達障害の子と暮らす日々
こっちの方が、合っている感じがする。
[PR]
by yoko9021 | 2009-08-29 01:12 | アスペ・子育て

8/27(木) 手帳取得!

 七月の始めに申請した「精神障害者保健福祉手帳」がもらえた。
複雑な気もするが、二年更新ということで、二年ごとに様子をみればいいのだと考え、申請したのだ。
娘自身が、手帳を申請することに、すごく前向きだった。
取得できたって事は、しんどさ、生きにくさが認められたのだと、娘に話す。

市民プールは無料、ほかにもちょこちょことお得なことがある。
娘は、早速、プールに出かけて、何年かぶりに泳いだ。
「10メートルしか泳がれへんかった。あと、水中ウオーキングしてみた。」とかなりの気分転換になった様子。
手帳、活用してるぞ。今日、外に出る事のきっかけになった。
[PR]
by yoko9021 | 2009-08-27 23:53 | アスペ・子育て

8/26(水) オーバーパスのように

 娘にごちゃごちゃ、話してもわからない。
会話のコツは、オーバーパスのようだと言ってみた。
これは、分かってくれたようだ。

小さい頃から、ボール遊びが全く出来なかった娘が、自分を変えようと中学時代にバレーボール部に入った。
びっくりだった。ものすごく心配した。
保育所時代も、ボール投げができない、ドッジボールが怖いと一回も参加したことのない娘が、バレーボール部だ。

オーバーパスって、普通のパターンでは入部後、一週間でなんとか指ではじいてその形になるそうだが、娘の場合は、3ヶ月かかったそうだ。
いつ辞めてもおかしくないのだが、3年生で引退するまで続けた。よく泣いていた。
友達関係は、うまくいかなかったようだが、(いじめっこがいたので)いじめっ子以外からは、普通に接してもらっていたし、試合には出れなかったが、スコアをつける役割をもらって頑張っていた。
親にとっても、ハラハラドキドキの3年間だった。

その、オーバーパスなのだが、二人で続けようとすると、相手が返しやすいボールを相手に向かってパスしなければ続かない。
お父さんとの会話も、オーバーパスのように、お父さんが返しやすい返事をしなければ続かないで、と娘に言ってみた。
お父さんが娘に声をかけても「しんどい、すきでしんどいのと違う!」と言葉を返している。
それはパスに対して、いきなりベンってボールを叩いてよその方向にやってしまったようなものだ。
失礼で相手は腹立って当たり前だろう。
 どんなボールが来ても受けて気持よい高さと受けやすい位置に返せたら、良いパスだろう。
娘には宝物のような思い出がある。
中学時代にあこがれの先輩とオーバーパスを、四百回ちかく続けたというのだ。
それは、先輩が、娘の下手な返しを、きれいに受けて返してくれたから、そんな事ができたのだ。その、先輩のようなきれいなパスを相手に返していけば、もう、お父さんとはもめないと思う。

この話なら、少しは分かってくれたようである。
娘のツボに、はまったようだ。わかってほしい。
[PR]
by yoko9021 | 2009-08-27 00:09

8/25(火) 社会の文脈

娘に話す。「あんたは、しんどい中、頑張ってるし、自分でも、そう思っているから、お父さんに『しんどい』を見せつけてもしかたないと思っているかもしれないけど、違う。
お父さんも、ウツを持っていて、あんたの暗さに引きづられたくないから余計に、アンタの体全体で表現している『しんどさ』が苦手なんや。」

娘「好きでしんどいの違う。『しんどい』って言わないようにしてる!私は去年もずっと行けないのに学校に行ったり頑張った、せやのに、こんなにしんどくなった。こんなにしんどいのは初めてや!」とヒステリックに言う。

それで娘に理解させよう、また夫を逆上させる行動をとらせないようにゆっくりと話す。

『しんどい』って言わないようにしてるって言うけど、この間の自転車無くした時と同じや。
あんたは『何回も何回も探した』って言ったけど、結局、探しきれてなかったやん。
きっちり自転車は有ったやん。
『何回も何回も探した』って、これは、相手を逆上させる言い回しや。
文脈が、さっぱり読めてない。

これを仕事の場面と仮定してみると
「探したつもりです」って言うてごらん?もし有ったら相手は「有ったやないか!」と怒る。
そしたら「探したつもりだったけど、探せてなかったんです、すみません、以後気をつけます」と、アンタが謝って、この話は、終局に向かう筋書きや。
一歩引いて、怒られて謝って終わるという筋書きが、あるねん。

 ところが「私は、探しました」って言うと、もう一度探す事もはばかられるし、その上出てきたら、相手は「有ったやないか!どういう事や!」と怒る。そこで「私は、探しました」と言い切ってる本人は、引っ込みがつかないし、怒ってる人もドロドロの状態に対してもっと逆上するから、ドロドロの終局になりやすい。

こういう社会の文脈を一つでも早く、パターン化して会得できたら、強情と言われなくてもすむのに。

それに、頑張っているから、報われるって、めったにないことやで。報われたらラッキーくらいに思うのが大人なのかも。頑張れたことは、良かったんやから!

自分では、やってるつもりって、どこか、知らず知らずのうちにポイントがずれてる時も有るねんで。
お母さんの会社の人が、ダイエットをしてはるけど、確実に太ってきはった。甘い洋菓子は止めはったけど、その分、和菓子や缶コーヒーが増えてる。本人はクリームが一番ダメだと信じてるけど、何かつまんではるねん。その状態に似ている。誰でも、自分では気づかず、ポイントを見落としてることもあるって思うけどなあ。
え!?関係ない?

お父さんをあんなに逆上させたんやから、今、あんたは変わり時やと思うで。
始めは無理でも、子どもの頃、歯を磨く習慣がついたように、習慣づけることもできるって。

と、一昨日、バトルの後娘を外に連れ出し、娘と歩きながら話し、昨日も夫が帰ってくるまで、ゆっくりと話した。わかってほしい。
[PR]
by yoko9021 | 2009-08-25 00:09 | アスペ・子育て

8/24(月) 夫と娘の溝

今朝、夫が
「◯◯(娘)が嫌や。自分の子供やのに、嫌や。姿見るのも声聞くのも、もうあかん」と憎々しげにキツい調子で言う。
ーなんでこんなにアホやねん、悲しくなるわと思いながらも、
「そんな父親って多いねんで。アスペルガーを持つ父親って発達障害の子供と上手くいかず、そんなふうに、イライラする人、よく聞くわ。そんな父親って、大概、発達障害の講演会や勉強会に来ないし、発達障害の子供と同じように頑固やねん」と一般論のように言ってやる。
「講演会に行っても分かっている事しか言わへん。無駄や」と夫は言い返してくる。
そんなに行ったっけ?

夫も双極性障害で通院しているので
「イライラしてても損やから、カウンセリング受けたら?」と、私が言っても耳をかさない。
私ごときでは、ダメなのだ。
「カウンセリングなんか、喋りたい人の為にあるんや、こんな事人に話せるか!」と偉そうに言う。
ーいえいえ、イライラがそれだけ積もって自分で解決できない貴男の為に有るんですよと、思うが、
言うと「人(私)に言われるんが、嫌なんや!」と言い返すパターンなので、ほっておく。

「とにかく、腹立つんじゃ!」と、仕事に出かけた。

相変わらず、進歩の無い男である。
四年前の夏にも、去年の夏にも、そして今年もこうやって、同じようなことで、大げんかだ。
四年前、娘は大雨の中に飛び出し私の実家に1ヶ月避難させた。
去年も私が居ない時に大バトル、夜遅く娘を探しまわった。

とりあえず、9月に「発達障害者支援センター」で私が面談するので、夫も一緒に行くよう勧めた。
「行ったらええんやろ?」的な態度だが行くそうだ。
少しずつだ。
[PR]
by yoko9021 | 2009-08-24 23:06 | アスペ・子育て

8/23(日) 夫VS娘、相変わらず。

 昨日から、またしんどいを連発する娘。
これが夫をキレさせる。
娘に何回言ってもダメなのだ。
「お父さんの前で、しんどいって連発するな、しんどいって開き直っているみたいで、お父さんをキレさせるから」と事有るごとに注意しても、分かっていない。
 今日の昼食時、夫はキレた。
バーンとリビングの戸を叩き「しんどいって言うな!うっとうしい!」すると娘、「しんどいって言いたくて言ってるのと違う!言わずに居てられへんくらいしんどいんや!」と言い返す。
その言葉が終わらないうちに、夫「うるさいわ!」と怒鳴り返し、そこらのものを床に叩き付ける。「止めて!おとうさん!」と私と息子。
娘は両腕で頭を抱え、キーとなって外に飛び出そうとする。
夫が力づくで止め「そんな状態で外へ行くな!」と娘をリビングへ引き連れる。
その一瞬の隙に娘は状差しに有ったハサミをつかみ自分の髪に刃を入れる。髪が床に散らばる。
「何すんねん!」と夫がハサミを奪い取る。娘は「うわー」っと大泣き。
思わず私「今まで、せっかくパニック起こせへんようにやってきたのに!」と夫に向かって言うと「こっちがパニックになるわ!」と怒鳴りちらし、当たり散らし「出てくる」と言い捨てウォーキングの格好をして出て行った。

疲れる。大人のくせに。こうやって、いつも私の足を引っ張る。

夫がイライラするのは、娘が、夫に返答不可能な問題を出しているから、イライラするのだ。
夫には、娘のしんどさを治せない。今までも何回も、夫は「気の持ちようや」とか「薬飲んでみたら」「散歩でも」とか、彼なりのアドバイスをしてきた。ところが何を言われても娘の返事は、まず、「でも、」で始まる。相手は気が悪い。夫も傷ついている。無力だと責められている気がするのでは。
娘に、そのブラックマヨネーズの吉田のような返しは、止めろと言ってきたのに、止めない。
自閉は急に止まらないって、この事?
夫も多分にアスペだ。お互いに、止まらず、変わらない。
私や息子の気持は見えていない。
[PR]
by yoko9021 | 2009-08-23 22:55 | アスペ・子育て

8/18(火) 手紙〜樋口了一

 先日、買い物にサティに出かけたら、イベントコーナーに人だかりが出来ている。
のぞいてみると樋口了一さんのミニコンサートが始まるところだった。

 以前、テレビの「泣け歌」で見た事がある。「手紙」の樋口さんだ。
息子の好きな「水曜どうでしょう」のテーマソング「1/6の夢旅人」も歌ってる人だ。(このCDは家にある。)
「手紙」の歌詞カードをもらい、読んでいくとそれだけで泣ける。
母親は認知症が進み、めんどくさい事だらけで、一体何してくれるの?、兄と私の二人でどうしろというの?グループホームに入れるしかない?お金は?とちょっと介護に疲れ気味な、今日この頃。
そんな気持の時に、この歌詞を読むと、がーんときた。

母の人生の終わりに少しだけ付き添うのだという気持。
確かに”少しだけ”では、済まないような気もするが、めんどくさい存在では無くなる。

ミニコンサートは良かった。「1/6の夢旅人」も皆で歌ったり、他のオリジナル曲も聞かせてもらった。そして「手紙」を聴くとまた泣けてきた。思わずCDを買いサインしてもらい握手もしてもらった。σ(^-^;)
[PR]
by yoko9021 | 2009-08-18 23:22 | 認知症

8/9(日) 発達さんと宗教?

娘のようにフラフラした考えの人って、例えば宗教にでも入る方が生きやすいのではないだろうか。
神様とか仏様の意志に沿うように生きる。
生きていく方向が見えているのだから発達さんには、生きやすいのではと思う。

気になるのは、今の風潮は個人を大事にする。
自分を大事にするのと、上手く沿わないのではと思う。
「したくないことはやめていいのよ」と個人を、悪く言えば、甘やかす。
自分を大事に大事にする。

確かに発達障害の人達って自分を大事にするという事を知らなければ、つぶれてしまう人たちだからだ。
ところが、宗教って、自分を勘定に入れずに行動する。
自分の事などさておき、神様とか仏様の喜びになるような行動をするのが良しとされる。
ということは、真逆である。

例えば、娘がよく言う「しんどいから、無理しないで寝るわ」で、結局行動できない事がある。こういう言い方で削られるのはお手伝いとかの行動が多い。
これが宗教者なら「しんどいかもしれないけど、させてもらうわ」と自分なんてなんぼのもんじゃい!的な勢いが有る。

宗教なんて定型発達の人達でないと、限度が分からず、苦しくなるのかもしれないが”自分の事はさておき、他人のために行動する。(結局、自分も達成感を得られたりするので、決して損ではない、もちろん損得で考えない)”ような視点があることも気がついてほしいと思う。

思春期からの脱出って”自分のことばっかり考えてビクビクしている自分病”からの脱出のような気がする。
親への依存と反発からも脱出できて”こんな自分でしゃあないやん”と踏ん切りをつけられた状態なのだとしたら、宗教のように、自分の事はさておきと、ちょっと行動してみるのもいいのかな。
少しは、このしんどい思春期の脱出が早まるのではと思うが、無理から焦っても、失敗すると何度も学習したっけ。(・_・;)

まあ、分かる時は分かるのだろう。
いつ? そのうちに。┐( ̄口 ̄)┌
[PR]
by yoko9021 | 2009-08-09 23:33 | アスペ・子育て

8/8(土) 不安の薄らぐイメージ

 6日にお寺さん(お坊さん)がお参りにいらっしゃった。
こういう時に普通にできないのがうちの娘である。
思いっきりしんどそうに、うずくまって両手で頭を抱えたりする。
親戚の人も心配する。
「しんどそうやから、ちょっと隣の部屋で寝てきたら?」と私が言うと
「私は寝たいんじゃなくて眠りたいの!」とヒステリックに場違いな事を返してくる。
始めから「お寺さんが来はるけど、無理せず隣の部屋で休んでたら?」
と声かけたのに「大丈夫」と答えていた。
お経の最中は何とか座っていられた。

皆さんが帰られた後、娘が言うのは「ちょっとでも参加できて良かったわ」
( ̄□ ̄;)!! これですわ。
それは、あんたが言うセリフではなくて、この集まりの皆さんに気を使わせて申し訳ないってシュンとしている本人さんに向かって周りの人が慰めるセリフなのだ。
皆に気を使わせたのに気がつかないのだ。
これは、相当、苦労するだろう。

その日の夜、不安がいっぱいだというのでイプラスジムの送り迎えをする。
(といっても一緒に歩いていくだけ)
暗かった娘が帰りにスッキリした顔をしている。
「トレーニングしたら不安が薄らいだ。これをイメージするのが良いって」
確かに不安が無くなった状態のイメージより「薄らいだ」程度のイメージの方が、今の娘の状態に合っていると思う。
「不安が薄らいでいる自分」なるほど、ちょっと元気になれそうだ。
発達障害の二次障害で、ウツになっているとどうもダメだ。
家に引きこもる事が多いので、接するのが家族(特に母親)中心になる。
居場所(フリースペース)やお医者さんも即、効き目ある対応はむつかしいこともある。
こんな時の心強い助けになっているのがイプラスジムだ。

ごちゃごちゃしんどい状態の言い訳ばっかりしている娘が、さっぱりしている。
この調子だ!
[PR]
by yoko9021 | 2009-08-08 13:56 | アスペ・子育て

8/5(水) 今日も「しんどい」そうです…

 「今までに無いくらい、しんどい状態だ」と去年の暮れくらいから、ずっと訴えている娘。
つまり彼女が満足するくらいの理解が無いと訴えているのだ。
「それは、離人症と診断されるくらいのしんどさやから、よっぽどしんどいんやろうなぁ」と口では言ってみるものの本当に疲れる。
例えば、通院の日も朝から
「電車に乗るのが怖いねん。強迫神経症になったんやと思う。私、不安の塊やわ」と自分がじっ〜としている事の言い訳を繰り返す。
こんな会話をされた人がどんな気持になるか分かっていないのだろう。

それでも「病院へ行くのにどっちのサンダルにする?グリーンの方が歩きやすい?」とか話を振ると結構「うん、グリーンの方で行く」と答えて本当に行ってしまえるのだ。

この特質を考えて、しんどい状態をコントロールして動かすのだ。
手間がかかる。
自分で気持の切り替えが出来るようになればなあ…。
[PR]
by yoko9021 | 2009-08-05 23:47 | アスペ・子育て