<   2009年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

7/20(月祝) 自転車がなくなった?

土曜日の晩、娘がどよ〜んとした様子で私に言う。
「お母さん、聞いてもらいたい事が有るねん」
ーこれって学校辞める?ーと恐れたけど違いました。
「私、自転車盗られてん」「え?」
「二週間前の土曜日に、サ○ィに乗っていって帰り無かった」
「探したよな?もちろん」
「探したけど無かった。私、探しまくった、ずっと」
娘の自転車は小学校六年の時に買って今年で10年乗っている。鍵も二個ついてる。
盗られる訳ないやん、と私は思った。
「あの、土曜日って自転車置き場がすごいいっぱいやろ?探しにくいと思うけど?」
「私は探したよ!ずっと、何回も何回も!」とキレたように言い切る。
ここに発達障害の人の嫌な感じがあるのだ。
自分にはミスが無い、自分は自分の行動を完璧に認識しているのだと主張する感がある。
「なんで二週間も黙ってたん?」
「いつ言ったらいいかタイミングが分からんかった」…さすが発達さん。言い出しにくい雰囲気の私だったのであろう。σ(^-^;)
「そういうのは、すぐに言いなさい。もし、探せてなくって、放置されたままやったら、処分されてるかもしれへんやん。とにかく明日、朝一番にサ○ィに行こう」

家から自転車で20分のところにサ○ィはある。
私の自転車に二人のりで(ダメです(^_^;))行き、娘の止めたという場所に向かう。
有りました。ちゃんと。
娘の記憶していた場所より少し西側に止めてあった。
2週間お迎えを待っていたのだ。

今回の事で、「私は探した」という主張と「実際は探せてなかった」という事実とのズレが、しっかりと身に沁みたのではないかと思う。
身に沁みてもらわねば困る。

こういう時の言い回しは、探したかどうかが問題になっている時には、「私は探しました」ではなく、せめて「探したつもりです」くらい控えめで、非難を受け入れる覚悟だという言い回しを憶えて使えなくては、実際に社会でトラブると思う。

一歩ずつだ。
[PR]
by yoko9021 | 2009-07-20 11:56 | アスペ・子育て

7/13(月) ヘルパーさん!

 実家の母のところに、ヘルパーさんをお願いするようになって一週間だ。
同居の兄の仕事の都合で、母のデイサービスの送り出しができなくなり、ヘルパーさんにきてもらい送り出しと戸締まりのお世話を頼むようにしたのだ。
兄も安心して家を出れる。
こんなに細やかなサービスなら、もっと早く頼めば良かったと思う。

母の認知症は、緩やかだが確実に進んでいる。
トイレの失敗も増えた。しょっちゅう、混乱している。頭の中が整理できていないので、行動がめちゃめちゃだ。
落ち着かせて話を聞くようにと思う。例えば、母が大好きな場所、デイサービスでの他の利用者の話をしてみると、うれしそうな表情で話をしてくれるのだ。そして、混乱が治まる。
この手順は、忙しい時は無理だが、心がけようと思っている。
[PR]
by yoko9021 | 2009-07-13 15:03 | 認知症

7/12(日) エビリファイ

娘はエビリファイという薬を一日に半錠処方されて3週間になる。
どうもそれが効いているようだ。もちろんイプラスの効果もあると思う。
「疲れた」と全身でのアピールが無くなった。そういう鬱陶しい態度が減った。

そして、なんと中学の友達に連絡を取り出かけていき会った。別々に3人も。
一人は女子大四年生、就職が決まったそうだ。以前は大学院で学びたいと言っていたが進路変更したそうだ。
一人は、両親が亡くなっていらっしゃらない。そして弟とお祖母さんと暮らしていて専門学校をでて保育園の調理師さんをしている。
そしてもう一人は、高校を出て個人病院の受付の仕事をして、奨学金を返しながら働いている。
この働いている二人は、職場のメンバーに恵まれているそうで楽しく働いているそうだ。娘に言わせると彼女達もそれぞれ生きにくさを抱えているタイプだったそうだ。

現実の世界で、普通に地道に生きているかつての友達に会えて良かった。
会う事が出来て良かった。現実を見れて良かった。やさしく言葉をかけてもらって良かった。自分の中学時代も肯定できて良かった。

ちょっと前向きだ。
[PR]
by yoko9021 | 2009-07-12 23:35 | アスペ・子育て