<   2009年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

5/31(日) アスペルガーの夫の扱い方

 夫がアスペルガーで苦しんでいる妻は多い。
変わった人だと思っても、何とか耐え忍んでいるのだ。
 昨日、結婚以来40年近く虐げられてきたという女の人から、夫への不満と耐えている現状を立ち話で50分間聞かされた。
彼女はとてもお気の毒だった。
ずっと、言葉の暴力「食べさせてやってる、お前なんか価値のない人間だ、ダメな奴だ、etc.」を受け続けている。実際に手も挙げられたり、モノを投げつけられたり、最近は、経済的虐待もうけているとのこと。お辛い様子だった。

もし私が「食べさせてやっている」そんなことを言われたら、絶対に反撃するけどなぁ。「それって、人として決して言ってはいけない事やで!社会的な女の人の労働条件とか考慮しての発言な訳?自分自身の値打ちを下げる情けない言葉だと思うけど」と、このくらいは軽く言うけど。

よくできた妻は、トンチンカンな夫にわかってやるやさしさと人情を発揮してしまうのだ。
歴史的に女の人は、『良妻賢母』という変なカテゴリーに縛られて、その方向に優秀であろうとしてしまうのであろうか。
だけど、それをするためには、絶対に不可欠なのが、自分と夫、子どもとの境界線だ。

夫がアスペルガーなら、夫には、その境界線が薄い。
でも、それに引きづられることなく、気持ちで依存しているスキを見せてはいけない。
定本先生が以前、講演会で仰言っておられた。
「無害なアスペの夫と依存しない妻はうまくいく」
もしかしたら、依存する妻の性格が、有害なアスペの夫へと増長させているのではないかと思う。夫に従えと教えられてきた昔の教育を受けた妻が苦しんでいるのは、そのせいかもしれない。
今の妻だって、自分で考えるのを止めて頼るくせのある人は、この傾向に有るのだろう。
発達障害をもつ女の人に多いそうだ。
自分を知り、自分と夫との境界線、親との境界線を引けたらいいのだけど。

スケッチ教室で知り合った70代のしっかりした主婦がいるが、彼女の夫は、聞くと完璧にアスペルガーだ。
でもその主婦は、ブレない。「変な人なのよ。自分のことしか考えない。こだわりだらけ。つきあってられない。だから、私は私よ。美術展とか映画とか、あの人と行って楽しかった事なんてないから、若い時から、絶対あの人とは行かない」
彼女は、専業主婦だったが、屈する事なく対等を貫いている。

アスペの夫は、相手が対等の立場で応戦してきたら、変わるのではないだろうか。
私と父との関係もそうだった。父はアスペルガーだったと思う。
母も祖母も、よくののしられていた。賢い父に依存するからだ。
でも違うと思う事は、おかしいと言うべきなのだ。
人として筋が違うと思う事は「おかしい」と私は父に言ってきた。もちろん、怒鳴られた。
それでも「残念やわ、理性的な話し合いにならなくて」と親子よりも人としての立場を強調していたと思う。怒鳴られてもひるまず、負けないという所を見せなければならないのかもしれない。ちょっとは父も「恥ずかしい」という気持ちを知らねばと思っていた。

アスペルガーの夫に悩んでいる妻の悩みをあちこちで聞く事が多いな、と思う今日この頃でした。
[PR]
by yoko9021 | 2009-05-31 12:02 | アスペ・子育て

5/27(水) 離人症だったのか!

 昨日、娘は一人で通院できた。よかった!
その時、最近の自分のテーマとなっている「思春期の始まりと終わり」について先生に聞き、さらにもう一つ、気にかかる事が聞けたとスッキリした様子で帰ってきた。

それは、今年の初めくらいから、自分の感覚がおかしいというものだ。
よく私にも「全然、記憶力が落ちてるし、思い出す事もできない。こわい。感覚がない感じがする」とか何とか、よく深刻な顔で訴えていたのだ。

私は「それこそ、ウツだからしょうがないやん。ウツって憶える力も落ちるし、思い出す力も落ちるものやん」としつこいなぁと思いながら、軽く答えてきてたのだ。…大失敗。
昨日、娘のお医者さん(発達障害に詳しい)は「離人症です」と診断なさった。初めて聞く言葉だった。
自分の中にいるのがツライ状態の時に起こるそうだ。

・自分の体の実感がない
・自分以外の人間は自分の体験を真剣に取り上げてくれないと嘆く
・思考や行動・身体・外界に対して現実感を喪失した状態。
・周囲の情景がピンとこない妙な感覚にとらわれる。
・春の花やイチゴなどを見ても、春だという感じがしない。
・好きだった音楽を聴いても、前のように感動しない。
・喜怒哀楽が感じられない。
・自分が生きているという実感がわかない。

こんな状態が娘にある。このツラさの正体は「離人症」だったのか、とツラさを認められた娘は本当にスッキリした感じだった。
特に治療法が有るわけでもないが、数ヶ月で治る事が多いそうだ。今のまま、ウツのお薬を飲みながら様子を見る。

今娘は、通院に一時間以上かかっているが「このお医者さんにまで通っている意味、あるなあと実感したわ」と言ってくれた。うれしかった。

今日の娘は、「何で『離人症』になったんやろうか、すごいしんどいねんけど」と暗く訴える。
「それは、あんたという生命体が命を守るために、感覚をシャットアウトしたんとちゃうか。命を守るかどうかっていうくらいのしんどさ、なんやろう?」
すると娘は「うん、そのくらいしんどい」
「そのしんどさは無理のない事や。生きれててよかったやん。生きてたら、また、おもしろい事で笑えるで」
「そうやったらいいなぁ」と娘は、お茶碗を洗って寝にいった。

娘は学校でのカウンセリングで、高校時代の検証をするという。タイムリーだと思う。
それがこの離人症になった原因と娘の言うトラウマを自分に納得のいくものに変えられたらと、期待してしまう。期待しすぎても、ダメなのですが。
[PR]
by yoko9021 | 2009-05-27 23:10 | アスペ・子育て

5/25(月) いたわり?甘やかし?

 発達障害の二次障害とか併存症といわれるウツ症状を持っている場合、いたわっているのか、甘やかしているのか分からなくて困る事がある。

 例えばお茶碗洗い。
大家族の長女で育った私は、小学校の五年生の時には、家族八人分の晩ご飯のお茶碗を洗う役目を持っていた。
それは、妹と交代にずっと家を出るまで当たり前の事だった。
ところが、高校時代にウツになって不登校、ひきこもりを重ねて来た娘に、お茶碗を洗わせる事はできなかった。
娘も「しんどいからできない」と返事をしてくる。
お医者もカウンセラーも「本人が自分からするって言うまで待ちましょう」と仰言る。
だから、私の当たり前の仕事だった。
気が向いた夫が洗ってくれる事もある。

 娘はいつもいつも「しんどい」と言っている。
夜も薬無しで眠れているし、昼間に昼寝をする時に睡眠導入剤を飲んだりするという眠り姫だ。
昼間は何もする気が起こらなくてツライそうだ。
だから、昼間も寝るのだそうだ。

でも、最近、思春期の終わりを意識し始めた娘に、お茶碗洗いを自分の役目にしてみたらと提案してみた。
「お母さんも助かるし、あんた自身が強くなると思う。少々熱が有っても、体調が悪くてもお茶碗を洗い続けてみたらどう?このお茶碗洗いという家事は、全く創造的でもないし、華々しい面がちっともない地味な仕事だと思う。使う前の状態に洗って戻すだけ。これを延々と続けるというのが案外大事だと思う」

ここまで解説してみるとその気になったのか、「私やってみる」とのこと。

かれこれ、朝昼晩洗って五日続いている。(b^-゜)
[PR]
by yoko9021 | 2009-05-26 00:06 | アスペ・子育て

5/24(日) デイサービスのない日々

 デイサービスがお休みというのは、老人にとっても家族にとっても本当にツライ。
難儀な一週間だった。
幸いな事に母は体調が良かったので、トイレの失敗も無かった。
o(^-^)o
デイでしてくれるリハビリが無い、人との会話が無い、お風呂もない、昼食も無い。これを何とかする一週間だった。
認知症が進まないようにと母を訪ねて、片付けをしながら話しをしたりする。
お風呂に入れる。美容院にカットに連れて行く。トイレに行くよう声掛けをする。
意欲の低下した母に、なにかさせる事を見つけて勧める。
お豆さんのサヤむきは正解だった。丁寧にきれいにむいてくれていた。
次の日、厚揚げと炊いた。「味みて」声をかけるといそいそと台所までやってくる。
できることを見つけて、なるべくしてもらう。
生活をする実感のある女の人には、簡単なことだが、兄のような男には、どうもしっくりこないようだ。もちろん、同居してくれている兄にしかわからない、しんどさもたくさん有るだろう。兄が同居してくれているお陰で、この程度の難儀さですんでいるのだろうと思う。

でも、私がもっと近所に住んでいたら、こまめに世話をしてやれる気がする。
だけど、どうなんだろう?それでいいのか、どうだか。

昨晩、他県に住む妹から電話が有った。
姪っ子達の高校が休みになって自宅待機だということだ。小さい子のいる家庭はたいへんだろうなぁと言うので「デイサービス休みやってんで」と言うと「えー?そんなん困るやん」とびっくりしていた。
聞けば、この一週間、職場の都合でお休みが多かったそうだ。時間が有ったなら妹に一日くらい母をみてもらえば良かった。弟達もこの一週間の母親の事、わかってないのだろう。
そういう事も兄や私だけが抱えるのでなく、他の弟妹たちにも認識してもらわなければいけないと思った。
[PR]
by yoko9021 | 2009-05-24 11:59 | 認知症

5/20(水) 躁とウツの周期?

 夫の妙に激しい言動が目につく。ほんの十日前、「ウツ突入」だったが、今日の夕食時の言動は「躁そのもの」だ。
これが双極性障害2型。周期が早すぎるのが不気味だ。

晩ご飯のおかずをこさえてくれたのだ。
「鶏もも肉のチリソース焼」というのが雑誌に載っていてそれを作ってくれた。
夫に遅れて帰った私はサラダを作りいざ、夕食。
チリソース焼きは、ピリっとするので、レタスで巻きながら食べてたら、
「そんなに辛いか?」と夫は私に問いつめるような口調でに言う。
「え?レタスで巻くのが好きやから。これ、おいしいで」と私が答えても
「こんなん、辛いうちにはいれへん。みんなもっと辛いのを食べている」としばらく、異様にムキになって辛さの話しをする。…みんなって??

急に夫は話題を変えて
「職場で東京ディズニーランドの話で盛り上がったけど、うちみたいに東京ディズニーランドに行きたがらへんのは、不思議がられた。」と言い出す。
「なんでって、あまり、興味ないから。行かなくても平気やけど」と私が答え、息子も
「わざわざ、行きたくはないけど」とぼそっと言う。娘も人ごみは苦手でおまけにウツなのだ。行きたい筈がない。
「東京ディズニーランドの話が出ても、興味が無かったら黙ってたらええやん?東京ディズニーランド好きやったん?行きたいって聞いた事無かったけど」と私が言うと
夫は「皆が楽しいって言うてるのに一回も行った事が無いって、うちだけや」
「?かまへんやん、うちはうちで。あかんの?」と私が答えると
夫は「そんなんやから、皆が楽しそうやったから、水を注すような事言うたったんや」
おかしい…。なんやろうか、この変な嫌な激しさは。どうでも良いような事にムキになっている。

あてつけがましい行動も目立つ。
躁とウツの周期が短くなったら怖いという。

1.躁とウツの症状の落差をできるだけ小さくする
2.感情の波が大きく変化する前兆をみつける
3.躁でもウツでもない普通の状態を長く保つ

これが対処法と言われているし、自分なりのラインをつかむのが大事だそうだ。
たとえば3日続けて眠れなかったりする。「寝なくても平気」みたいな感じになったら夫の場合、要注意なのかも。
でも、恐ろしい事に、人のアドバイスなんか聞かなくなっている。逆ギレするのだ。
そして、ウツに突入したら、それはもう生きているのがツライほどドォ〜ンと落ち込む。

ここは通院に付いていって医師に直接言うしかないかも。
[PR]
by yoko9021 | 2009-05-20 23:56 | その他

5/19(火) デイサービスがお休みなんて!

 母のデイサービスが今週一週間お休みだ。
新型インフルエンザの感染予防のためだ。
困っている。お風呂や食事、日中の過ごし方をどうしよう。
とりあえず、今日の夕方にお風呂に入れてシャンプーした。3日ぶりのお風呂だ。

デイサービスに行って皆さんと過ごすから、母の認知症の進み具合もそれなりに緩和されているのだ。
日中、家で一人だとただ、寝て過ごし、混乱する事が多く、認知症も進みやすい。
兄との会話もほとんどない。兄は母に合わせる会話が苦手なのだ。

できるかぎり、母と会話し、母のできるような課題をみつけて、何かをさせたほうがいい。
とりあえず、「明日このお豆さんのサヤをむいといて」とエンドウ豆を置いてきた。
明日、兄が声掛けしてくれることになっている。が、兄はその重要性に気づかない。

認識が低いのだ。いつもいつも、母を混乱させるようにからかう。
あーあ、早くデイサービスを再開してほしいです。

多分、保育園に通っている小さな子のいるお家も切実に思っているだろうなぁ。
┐( ̄口 ̄)┌
[PR]
by yoko9021 | 2009-05-19 23:29 | 認知症

5/17(日) 思春期の終焉って。

 思春期を抜けられたら娘は楽になれると思う。
自分の事で一杯一杯なのだからしんどい。
じゃあ、他の事でも考えたらいいのだが、そうはいかないのが思春期。

 以前、定本先生の講演会で、思春期の依存と反発をしっかりと受け止めるのが大事だと仰言っておられた。
そして、思春期の卒業とは、心理的自立であり、アイデンティティの確率、私は私であるという事を思えた時なのだと説明された。
その時には依存を必要としなくなり、反発もしなくなる。
そして、それを放っておいたままにすると、何かを引きずったまま生きる事になるそうだ。
また、過剰な期待とは、静かな虐待であるとも仰言っておられた。

必ず、成長すると信頼すること、自立しながら後退(依存)もするラセン階段のようなものだとも言っておられた。

発達障害の人は、ふつうの感覚より十年遅く発達していると思えばいいそうだ。という事はまだまだ、思春期のとっかかりだという事だ。

おっと、先は長いぞ。
最近、娘が私にベターっと寄ってくるのが、しんどくてたまらなかったのだが、突き放してはいけない「依存」なのかもしれない。
Fight!わたし。
[PR]
by yoko9021 | 2009-05-17 23:45 | アスペ・子育て

5/13(水) 夫と娘のウツ

 夫はmixiを脱会して少し気が楽になったようだが、ウツのしんどさはそう簡単には抜けないらしい。
ずっと横になっている。食事は食卓でとれた。薬も飲んでいる。

色んな事にブレる自分がしんどいらしい。 周囲がお祭り騒ぎならお祭り騒ぎに、周りがドーンと落ち込んでいたらモロにそれを被るのだ。
「平常心を保って」と軽く声掛けするだけで何とかなればいいけど。
それとも確固たる自分というものを作るために一から育ち直しか?まさかね。
小さな心持ちの変化で良い方向に積み重ねていけるものだと信じたい。
それこそ、イプラスジムで教えてもらった「あー、良かった!ありがとう」と常に口にするとか。

娘が「お父さん、大丈夫?きっと楽になるよ」と声をかけてくれている。
いい傾向だ。この言葉は、娘自身の耳にも入ってきているんだもの。
[PR]
by yoko9021 | 2009-05-13 23:57 | その他

5/12(火) 福永武彦の孫娘!

 踊る!さんま御殿を見た。そしたら、きれいな声優さんが出ていて、池澤夏樹氏の娘さんであるとか。という事は、福永武彦の孫ではないか!こんなきれいなお孫さんがいらっしゃたのかとびっくりした。聞けば「とっとこハム太郎」のロコちゃんだったとか、これは娘が見ていたので覚えている。

若い頃”お嬢さんとは何ぞや?”という話がでたら”福永武彦か辻邦生の小説に出てくる女の人だと思う”と私は答えていた。
経済的に特に恵まれていなくても彼女らは、芯の強いブレない優しさと賢さを持っていて、控えめだけど鮮やかな印象を与えたりするのだ。

お孫さんは、金銭感覚とかお金に疎そうなのは、超お金持ちだからそんなものだろうが、おっとりしたいい感じのお嬢さんだ。本物のお嬢さんを感じた。

孫娘さんは福永武彦の理想の娘さんに育ってらっしゃるのでは、と初めて見る池澤春菜さんを知り合いのお嬢さんのように見ている自分がいた。m(_ _)m
[PR]
by yoko9021 | 2009-05-12 23:59 | 映画・TV

5/11(月) 夫のウツ状態

 夫は苦しそうだ。昨日なんか無力感と不安で辛そうだった。
双極性障害2型の場合、ウツの時、本人はとてもとても苦しく、躁状態のとき、家族や周りはツライのだ。本人も何度も繰り返すウツと躁に参ってしまうのかもしれない。
周りも、躁状態のときに”もう勘弁してよ”という気になってくるのだ。

昨日は娘が慰めたり声を頻繁に掛けてやっていた。良い傾向だと思う。
夫は今日、通院してきて薬を少し変えてもらったようだ。うまくいくといい。

夫は衝動的に昨晩のうちに楽しんでいたmixiの趣味のコミュニティどころかmixiも脱会して「もうmixiなんかええわ」と懲りた様子だった。
ところが、今日皆さんから”どうしたの?”メールをもらって、やぶさかではない様子。
今回は、軽いかも?(^^ゞ
昨晩から今日にかけて怒濤のように心配したのに、昨日のあの泣きは、うそだったのか?
振り回されているよ、私。
[PR]
by yoko9021 | 2009-05-11 23:13 | その他