<   2008年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

12/31(水) 黒豆

 おせち料理で何が作りたいかというと黒豆です。NHKの「きょうの料理」昭和54年の12月号に載っていた黒豆の作り方でそれ以来ずっと毎年作っている。
 多分よくあるのは、お砂糖やお醤油を入れて豆と一気に炊き上げるパターンだが、この号の作り方は違う。でき上がりの豆の柔らかさと味のマイルドさが違う。皮にもしわ一つなく美しい光沢があるように仕上がる。
 豆を柔らかく煮て(6〜7時間)けっしてお湯から豆の顔を出す事なく、足すお湯は豆をびっくりさせない同じ熱さであることが大事。やわらかくなったら、さまし、グラニュー糖を溶かせたシロップに一晩つける。
シロップで味をしみ込ませるのだ。これは、本当に上品でおいしくできあがる。
今、紅白を見ながら煮ている。明日までに間に合うのか?私。
[PR]
by yoko9021 | 2008-12-31 20:14 | その他

12/25(木) 成長しどきかも?

 先日、叔父が亡くなり日曜日にお通夜、月曜にお葬式だった。亡くなった叔父は私の叔母の夫なので、うちの夫までは行かなかった。私が認知症の母に付き兄と一緒に弟に車で連れて行ってもらった。叔母は本当によく叔父の世話をして立派だったと思う。

叔父が入院中から叔母は、叔父を早く退院させて家で看たいと言ったいた。叔母は偉いです。私は叔母のように夫にやさしくできないと思う。

私は何となく夫が人生の伴走者では、なかったようなそんな気がしている。

うちの夫は鬱と躁を繰り返して不安定だ。
子供の事を考えると暗くなるから嫌なんだそうだ。親なのに。

自分の事でいっぱいいっぱいなのだからしょうがない。
自分の趣味を仲間たちと楽しくやる事でいっぱいだ。
鬱を再発させてはダメだから、好きな事してくれてたらいい、それで元気ならと考えるようにしている。

鬱の時はひたすら落ち込む。
躁の時は激しく攻撃してくる。
そんな人だ。
私はそのヒステリックな八つ当たり的な攻撃を受けると情けなくて、悲しい。迫力のある時は怖い。

子供と親の事で、あれこれ悩んでいる私は好きで悩んでいると夫には映っているのかもしれない。私の処理能力を超えることが、押し寄せているのだ。どうも理解する気はないと見受けられる。

あーあ!夫の事はしんどい!
本当に叔母は偉い!

でも、私が暗かったら、子供や母親に良くないので明るくいこうと思います。
この間、NHKの「プロフェッショナル」でバレエダンサーの岩田守弘さんが
「いいときは人間成長していない
 悪くて辛いときに人間は成長する」と仰言っていた。
わたし、私なりにめっちゃ成長し時かも?
[PR]
by yoko9021 | 2008-12-25 01:05 | その他

12/19(金) K-20、怪人二十面相・伝!

 先日、試写会に当たったので見に行ってきた。
おもしろかった。
邦画にめずらしいハリウッド映画のようなアクション、エンタテインメントで飽きずに見れた。
ヒロイン役の松たかこさんのコミカルで上品な演技よかったです。
金城武さん、かっこ良かった。
脇を固める國村隼さんや高島礼子さんもさすがにいい。
大きく楽しめた映画でした!
[PR]
by yoko9021 | 2008-12-19 00:00 | 映画・TV

12/18(木) 娘のプラス思考

 親が鬱の娘に「もっと明るく考えてみよう!」なんて声掛けしても実行しないものだ。
だって親は四六時中いて、いい顔だけ見せている訳ではない。
「あーしんど!」とか愚痴っぽい事もしょっちゅうだ。
そんな親が「明るくした方がいいよ」なんて言っても娘には伝わらない。

その点ジムトレーナーが言うとプラス思考が娘の頭に注入されるようだ。
娘はイプラスに体験も含めてもう5回行っている。
すると、「過去は仕方なかった。パニックになったりしたのは自分を守る為に仕方なかった事かもしれない。辛いのは今じゃなくて、辛かったのは過去だ。自分を守る為やったらしんどかったのも仕方なかってんなぁ」という言葉を、さらりと言っている。
「誰?」っていう感じだ。

本当に「な、なんということでしょう!」(ビフォーアフターっていうTV番組か?)っていう気持ちです。
ついこの前まで、「私は外へ行けない、辛い、しんどい、学校やめる、入院しか無い」と騒いでいた娘が、「年賀状書くわ」と言っている。
プラス思考を学ぶと変わってくるとか聞いたけど変わるかも?

今までのマイナス思考一点張りの頭に急にプラス思考が入っきたので、頭の中でその二つがせめぎあってる感じだそうです。それでちょっと、しんどいとか。
半々くらいに落ち着いたらいいのですが…。

この調子であとは、リラックスとバランス感覚みたいなものも獲得できたらと思いますが、どうでしょう。

なんか、熱を出した娘、これって知恵熱?
[PR]
by yoko9021 | 2008-12-18 00:18 | アスペ・子育て

12/15(月) アスペルガーの鬱とプラス思考

息子の次に娘も、そのプラス思考とリラックスを体験しに「イプラスジム」に行く事になった。

なぜかというと、たまらなかったからだ。

ここしばらく娘が暗い事ばかり言う。
「私、もうすぐ寝たきりになりそうな気がする。だんだん体力が落ちていってるし、体が弱いから気力も回復しない。怖い」等、延々と続く。
「あんたの辛さ全部は解決しないと思うけど、肩こりと目の疲れが取れるだけでも、行ってみよか」と声かけてみると「行ってみる」と言うわけです。
私がもう娘のグチャグチャ状態に耐えられなかったのです。
とにかく、3月末まで、続けて何か結果が出ればいいと思っています。

パニックが減る、リラックスを体験できるという話を聞かせてもらうと、ぜひ行かせたいと思った。今まで「リラックスという感覚」を知らないと娘は言うのだ。

「発達障害も必ず発達します」と発達障害の講演会とかで先生方は、仰言っる。
色んな本にもそう書いてある。
「じゃあ、どうやって?」といつも思ってきた。
具体策はあまり提示されない。
発達障害の二次障害の鬱を引き起こしている娘に、気長な支援策を立ててもらっても見通しは、明るくない。大事だとは思うけど。

たとえば、“対人関係が苦手→対人関係を場面分けして具体的な苦手さを探る→そこをトレーニングする”という手だてが有ったとしても、場面は山ほど有り、複雑なのだ。
その手だてが正攻法だとしたら、イプラスジムで、リラックスを知り、思い込みが激しく変更に対処できない思考回路をもっと柔軟にしたりする横からの攻めも有効なのではと思います。

振り子運動を見続けるトレーニングでうちの娘を見ていたトレーナーは言った。
「眼球の動きがぎこちないです」
目が凝り固まっていると、思考も固まりやすいそうだ。
目から柔らかくしてもらおうと思っています。

さて、どうなるやら、楽しみです。
[PR]
by yoko9021 | 2008-12-15 00:33 | アスペ・子育て

12/13(土) 息子とプラス思考

 あれから息子とは、何となく話している。でも一旦、自分の事になると頑なに自分を閉ざしている。自分に自信が全く無い様子。
見ていて辛い。なんていうかプラス思考が必要なのだと思う。

それで以前、友人から聞いた「イプラスジム」を思い出し電話してみた。友人の息子さんは荒れ気味だったそうだが「イプラスジム」に行くようになって、学校にも行きアルバイトも始めプラス思考になり落ち着いたとのこと。うちの息子に効くかどうかは分からないが藁をもつかむ思いという感じでした。

・右脳を鍛える。
・視覚から脳を刺激する。
・メンタルトレーニングをしてくれるという教室だ。

体験コースを予約する。夫が息子に伝えると「絶対に行かない」と怒ったそうだ。
とにかく息子が「僕は絶対行かない」と私にも言うので
私「あんた、このままで来年就職の面接とか大丈夫か?」
息子「大丈夫や。学校で面接の練習してくれる」
私「その学校での面接の練習に出れるんかな?面接の練習に出れるために、行くねん!」
息子「…じゃあ、行くわ」

学校のカウンセリングを受けた方がいいのかな?とも思ったけど、スクールカウンセラーには大概、嫌な思いをしているので、プラス思考を学べそうなその教室と思いついた訳です。視力も悪いので、きっと何か息子にとっていいキッカケになればとも思いました。

行ってみて、良かったです!「なりたい自分になる」というキャッチフレーズですが、トレーナーの問いに「なりたいものがない」と答えた暗い息子。
ところがトレーナー「なりたいものが見つかった自分をイメージするところからはじめたら」とアドバイス。
なる程、と息子も私も夫も納得しました。
お試し体験って90分って聞いてたのですが、たっぷり二時間半、体験と話を聞かせてもらいました。

脳を刺激して能力を伸ばしていくって、まさに私がずっと娘にしてやれたらと思ってた事だ。
思わず「発達障害を持った人にはどうですか」と質問する。
即、「コミュニケーションの障害を持った人にも有効です。」と
返事。発達障害にもお詳しいようで色々な事例を聞かせてもらいました。
結構、自閉症の人も通っているケースがあるらしい!
帰って娘にも勧めてみたら「いいなあ」と行く気です。
息子をまず入れて、その内、娘もと思っています。なんか良かったです。

翌朝、学校へ行く息子が心なしか明るい感じがしました。
何か自分の為に始めたというのが、ちょっと気持ちを明るい方向に向けているのだと思います。
[PR]
by yoko9021 | 2008-12-13 00:55 | アスペ・子育て

12/10(水) なぜ聞いてると疲れるのか

しんどいな
なぜ私はアスペルガーの人の話を聞いてると疲れるのか?
こだわりが強い。
昔の事にこだわった内容が多い。
それもマイナスなイメージの暗い内容。
思い込みが激しいので、他人の話を聞きたがらない。
聞く側が違う意見を言うと自分を否定されたかのごとく怒りだす
かみ合わないからストレスがつもる
自分ペースなので聞いてる側の思いは無視。

それでしんどいのだ。
元気な時は、平気なのだが、いっぱいいっぱいの時は、話聞くのが辛い。
[PR]
by yoko9021 | 2008-12-10 00:27 | アスペ・子育て

12/7(日) 十一先生の公開講座に行く

 TEACCHプログラム研究会大阪支部の公開講座に行ってきた。
「臨床神経科学と認知研究から見た広汎性発達障害」というお題。
ムツカしい内容だったけど、いろんな本でよくぶれている広汎性発達障害とかアスペルガー障害の概念の歴史的な捉え方から現在のくくりについて、最初に話された。
私が難しいなと思うのは当たり前だ。
専門家も混乱しているという現状があるようだ。

 そして、脳の機能と発達障害の話。おもしろかった。
どうも扁桃体のネットワーク機能に何か問題があると分かってきているそうだ。
脳のいろんなところに刺激をおくる役目をしているそうだ。
脳って複雑で不思議だ。おもしろい。
 もっと解き明かされて娘たちが、生きて行きやすい術を身につけれたらと願わずにいられない。
[PR]
by yoko9021 | 2008-12-07 23:51 | アスペ・子育て

12/3(水) FNS歌謡祭!郷ひろみってすごい!

 なんか、FNS歌謡祭を見ている。娘の好きなWaTも羞恥心もゆずも出た。みんなでテレビを見るって楽しいです。
 しかし、郷ひろみは、やっぱりすごいなあ〜!場を持って行く。郷ひろみの後にキラキラしている筈の「嵐」が出たのだが、「えっ?」っていうくらい地味に思えた。マツジュンってかなりの王子様キャラで、カッコいいなと思っていたのだが、郷ひろみの後は、やっぱりキツい。改めてHIROMI GOってすごいのでは?と感慨深いものがあった。うちの息子と娘の意見では、郷ひろみの後に即CM、そしてポニョ、それから嵐にすれば良かったのでは?なんて。
 思えば私の中学時代、御三家と言われてたのが、郷ひろみと野口五郎と西城秀樹。それぞれ、クラスの女子の間ですごい人気があった。でも、郷ひろみのファンが一番熱かったように思う。のんちゃんというどちらかというと大人しい女の子が郷ひろみの熱狂的なファンだった。「ひろみを追っかけて、新幹線に乗った」と当時の中学生にあるまじき大胆な行動力。なつかしく思い出した。
[PR]
by yoko9021 | 2008-12-03 21:42 | 映画・TV