カテゴリ:映画・TV( 10 )

2010,10/25(月) 居場所の無い少年

 夫が試写会を当てた。でかした!
「NO WHERE BOY」ジョンレノンの少年時代の話だ。
育ててくれた伯母と突然現れた産みの母の間で揺れる少年。
どこにも居場所が無いと彼は、悲観する。

このタイトルには、ジョンレノンが好きだった言葉遊びが隠れている。
NO WHERE BOYの最初の区切りをNOではなくNOWで切る。
すると「NOW HERE BOY」居場所の無かった少年が「今ここに居る」になる。
なんか、おもしろい。
娘が喜びそう。

この映画、主人公の役者さんの顔に馴染みが無いせいか、よく見失ってしまった。
「ん?ジョンどれ?」たくさんのよく似た(?)イギリス人でよくわからないのだ。
その点、ポールマッカトニー役の少年は、見失う事のないくらい個性的で分かりやすかった。

ジョンレノンは孤独や愛情をいっぱい感じてジョンレノンになっていったのだというお話でした。
[PR]
by yoko9021 | 2010-10-25 00:14 | 映画・TV

5/12(火) 福永武彦の孫娘!

 踊る!さんま御殿を見た。そしたら、きれいな声優さんが出ていて、池澤夏樹氏の娘さんであるとか。という事は、福永武彦の孫ではないか!こんなきれいなお孫さんがいらっしゃたのかとびっくりした。聞けば「とっとこハム太郎」のロコちゃんだったとか、これは娘が見ていたので覚えている。

若い頃”お嬢さんとは何ぞや?”という話がでたら”福永武彦か辻邦生の小説に出てくる女の人だと思う”と私は答えていた。
経済的に特に恵まれていなくても彼女らは、芯の強いブレない優しさと賢さを持っていて、控えめだけど鮮やかな印象を与えたりするのだ。

お孫さんは、金銭感覚とかお金に疎そうなのは、超お金持ちだからそんなものだろうが、おっとりしたいい感じのお嬢さんだ。本物のお嬢さんを感じた。

孫娘さんは福永武彦の理想の娘さんに育ってらっしゃるのでは、と初めて見る池澤春菜さんを知り合いのお嬢さんのように見ている自分がいた。m(_ _)m
[PR]
by yoko9021 | 2009-05-12 23:59 | 映画・TV

5/4(月祝) 名探偵コナン#13

 今晩、名探偵コナンの映画を一人で見てきた。
子どもが小さい時は親子で見たものだが、子どもが大きくなると、彼らは、わざわざ映画館で見なくてもいいらしい。それで私一人で自転車で二十分の映画館まで夕方から出かけた。
そこは月曜日女性千円なのだ。
結構おもしろかった。o(^▽^)o
また、来年も一人で行くのだと思う。(^^ゞ

このゴールデンウィークで唯一自分のためにの行動だと思う。

5/2 仕事を三時まで、それから娘のフリ−スペースの懇談
5/3 夫に付き合ってクラガリ峠越えハイキング
(今、夫は落語を習っていて、ネタに出てくる道を散策したのだ)
5/4 夫の用事で梅田、母の日の買い物、夕方からコナン!
5/5 実家の母のトイレトレーニングを一日やってみる。
5/6 妹に付き合って滋賀県にいく
ゴールデンウィーク中は毎朝母のトイレの世話がある。
今回の休みは、気が重たいのだが、自分のために行動したからか、ちょっとすっきりした。
p(^-^)q
[PR]
by yoko9021 | 2009-05-04 23:53 | 映画・TV

4/25(土) 草なぎ君の事、鳩山大臣ってダメだ。

 木曜日に真面目な印象の草なぎ君が逮捕というニュースを夕刊で知った。
その日のNHKのアナウンサーの口調にも悪者扱いが感じられたし、鳩山大臣のあの発言で「草なぎくん、気の毒!最低はどっちだ?地デジも独居老人には迷惑や!」と私は思った。
多分、気の毒だと思った人は多かったのでは?確かに近隣の人はうるさかったので迷惑だっただろう。
橋下知事のいう通り、一晩警察署でお世話になり、近隣の人に謝ったならそれでいい話だと思う。報道の過熱ぶりがいやらしかった。悪者色に塗ろうとしている感じ。
 それに、今朝のNHKのアナウンサーの口調は、一昨日の夜のアナウンサーの口調とは違ってタンタンと伝える感じが普通だった。世論を感じて急きょ、日和見したのか?
今回の発言で、鳩山大臣はかなり大きく選挙の票をなくすのでは?
[PR]
by yoko9021 | 2009-04-25 15:44 | 映画・TV

2/11(水祝) 大阪ハムレット

森下裕美さん原作の漫画「大阪ハムレット」が映画化されている。
ずっと見たいと思っていて、今日やっと行けた。
おもしろかった。

漫画のイメージをどうやって?と思っていたのだが、それぞれの濃いキャラクターを上手に束ねて家族にして、笑えてジーンとくる映画に仕上がっていた。
観てよかった。

お母さん役の松坂慶子、綺麗で存在感が有ってしかもコミカル。「篤姫」の幾島も美しく凛としてすごく良かったけど、大阪の肝っ玉母さんもエエ感じに演じきっていたと思う。幾島の時も思ったのだが、若いときに較べてふっくらした彼女が、とても素敵に輝いて見えた。
岸部一徳の役も情けないおっさんやけど、悪い人と違うんや、何とかこの家族とやっていけて良かったなぁと思えた。
息子達もそれぞれ深刻な悩みを抱えながら、前に進んでいる。
次男役の森田直幸くんの迫力のある演技は目が離せず良かったです。

久々に笑い泣きの映画でした。 
[PR]
by yoko9021 | 2009-02-11 18:50 | 映画・TV

12/19(金) K-20、怪人二十面相・伝!

 先日、試写会に当たったので見に行ってきた。
おもしろかった。
邦画にめずらしいハリウッド映画のようなアクション、エンタテインメントで飽きずに見れた。
ヒロイン役の松たかこさんのコミカルで上品な演技よかったです。
金城武さん、かっこ良かった。
脇を固める國村隼さんや高島礼子さんもさすがにいい。
大きく楽しめた映画でした!
[PR]
by yoko9021 | 2008-12-19 00:00 | 映画・TV

12/3(水) FNS歌謡祭!郷ひろみってすごい!

 なんか、FNS歌謡祭を見ている。娘の好きなWaTも羞恥心もゆずも出た。みんなでテレビを見るって楽しいです。
 しかし、郷ひろみは、やっぱりすごいなあ〜!場を持って行く。郷ひろみの後にキラキラしている筈の「嵐」が出たのだが、「えっ?」っていうくらい地味に思えた。マツジュンってかなりの王子様キャラで、カッコいいなと思っていたのだが、郷ひろみの後は、やっぱりキツい。改めてHIROMI GOってすごいのでは?と感慨深いものがあった。うちの息子と娘の意見では、郷ひろみの後に即CM、そしてポニョ、それから嵐にすれば良かったのでは?なんて。
 思えば私の中学時代、御三家と言われてたのが、郷ひろみと野口五郎と西城秀樹。それぞれ、クラスの女子の間ですごい人気があった。でも、郷ひろみのファンが一番熱かったように思う。のんちゃんというどちらかというと大人しい女の子が郷ひろみの熱狂的なファンだった。「ひろみを追っかけて、新幹線に乗った」と当時の中学生にあるまじき大胆な行動力。なつかしく思い出した。
[PR]
by yoko9021 | 2008-12-03 21:42 | 映画・TV

11/24(月祝振替) ハッピーフライト! 

 先日、矢口監督のハッピーフライトを見に行った。おもしろかった。
飛行機が飛び立つって色々な人の色々な協力、仕事の見事な結晶だったとしみじみ分かる映画だった。こんな仕事もあるのか〜と思わずうなってしまった。多分どんな職業ガイドにも載っていないような仕事、通称「バードさん」を知っていた人って、よっぽどの飛行場専門家、オタクなのでは?
綾瀬はるかさんもいい雰囲気だったし、時任三郎さんもカッコよかった。寺島しのぶさんのきりっとした感じも良かった。本当に色々な役者さんが、色々な場所でいい味を出して見せてくれる楽しい映画でした。

 私、この映画のエキストラで、撮影の有った関西空港の待合室で待っているお客になって一瞬ぼやけているけど映っているのです。矢口監督はエキストラにきちんと対応してくれた。紳士である。撮影当日も集まったエキストラにちゃんと挨拶をして、おまけに、その日の撮影終了時には、エキストラたちと記念撮影にも応じていた。なんかできる監督って、かっこいい。矢口組というスタッフ集団もきびきびとしていて、しかも丁寧な感じでよかった。
 
[PR]
by yoko9021 | 2008-11-24 00:30 | 映画・TV

11/3(月祝) ホームレス中学生

 今日は娘と「ホームレス中学生」を見に行った。娘が小池徹平くんの大ファンなのだ。
小池徹平くん、がんばってたなあ。キングコングの西野さんと池脇千鶴さんと本当の三人兄弟みたいにみえた。泣けるシーンもあり、本当によかったです!
阪急電車が映ったりしてなんかうれしい。ご近所っぽい。
 隣の席の娘はしんどいのか、時々両手で頭を抱えてうずくまる感じだったけど、最後までみて「見れてよかった」とうれしそうだった。
 アスペルガーの子って刺激に弱い子多いです。嫌な刺激もいい刺激も。
きょうの映画は、娘にとっていい刺激の筈なのですが、刺激メーターが跳ね上がって、しばらくしたらしんどさがやってくる。それがちょっと難儀なところです。
 
 f0198434_2250517.gif
ー麒麟の田村さんが実際に暮らした公園ー
[PR]
by yoko9021 | 2008-11-03 22:41 | 映画・TV

10/15(水) 僕の歩く道

以前フジテレビのドラマで“僕の歩く道”というのが有った。
草なぎさんが自閉症の青年「テル」、彼の幼なじみの獣医さんでテルの理解者「みやこちゃん」を香里奈さんが演じていました。
その1シーンで私にとって忘れられないのが、雨のシーンでした。
二人ベンチに座っている時に大雨が降り出す。テルは持ってる傘をサッとさす、みやこちゃんは傘を持っていないし、失恋とか仕事とか色んなダメージを受けてボロボロ状態で泣いている。
隣に座っているテルはみやこちゃんが大好きなのに、泣いているわ、ずぶ濡れだわのみやこちゃんに傘をさしかける事すら、しない。多分どうすればいいか、分からないのだ。このシーンは、印象深かった。そこで状況に応じて「傘をさしかけてあげる」という行動はテルの能力を超えているから無理だし大雨が故に切ないシーンでした。
この頃この場面をよく思い出すのは、疲れているせいかもしれない。
f0198434_2323855.gif
[PR]
by yoko9021 | 2008-10-15 23:02 | 映画・TV