2010,12/3(金) 認知のゆがみはお互い様

 先日、友人に会ったら
「この間の事、あれは以前にうちのBがAちゃんから言われた事を、思い出して私がごっちゃにして言うただけやから」と軽く言ってくる。
結局、あの帰り道にうちの娘Aと友人の娘Bちゃんの会話で、何を言われたかを聞いてみると
「BがAちゃんに貸した本を返してもらった時に『続きの本も貸そうか』とBが言うと『いらない。買うから』って高圧的に言われたんよ」と声を荒げる。
私は、これ以上無理だと思った。

私が娘から聞いたのとは違う。
「おもしろかったから自分で買うわ」と言ったと聞いている。
Bちゃんは、知り合いから勧められたけど「あまりおもしろくなかった」と言ってたそうだ。
なのに全巻揃えているお金持ちぶり。
だから余計に借りたくなかったのかもしれない。

もう、無理だ。
私は、AがBちゃんのことを言うと「Bちゃんはしんどくて混乱しているのかも。Aもしんどいときは混乱するやん」と友人の娘Bちゃんをかばってきた。
ところが、友人にとってAは、Bちゃんの敵になっている。

娘は言う
「”有る事無い事”を言われたのではなく”無い事無い事”を言われてる!」

発達障害を持ったしんどい者同志なのだから、つきあい方が大事なのだと思い知る。
春先にも、付き合い方で、娘に注意したところだ。
娘もこれを機会に、自分の自閉的なまずさを、本当に思い知らねばと思う。
自閉症ってアウトプットが苦手なのだ。
アウトプットのむつかしさ。
足していくべきところは、まだまだたくさん有る。

私も気をつけよう。
[PR]
by yoko9021 | 2010-12-03 17:54 | アスペ・子育て
<< 2010,12/5(日) 奈良... 2010,11/24(水) 怖... >>