2010,11/13(土) 焼肉食べてポジティブに

焼肉食べて元気になろう、と言う夫の発案で焼肉を食べにいった。
おいしかった。

娘と夫の会話もスムーズだった。
良かった。

最近の娘は、よく喋る。
たぶん「無意識」と言うか「歯みがき」と同じくらい自動操縦的にペラペラと話しているんだろうと見受けられる。

これって話した方も聞かされた方も只、しんどい。

以前「娘はしんどいのだからしっかり話を聞いてあげよう」と思って、このとりとめもない話を聞いていた時期があった。

娘はたぶん何も考えず、ただ心に移りゆく、よしなし事をそこはかとなくペラペラと話すので、あやしうこそ、ものぐるほしけれなのだ。(?)

この娘の話から、聞き手が話し手の隠れている本心や核心を突くという目的で話を聞く態度なら何とか意味は有るかもしれないが素人の母親では、力不足だった。

私は「やたら設定の細かい着地点の見えない話を延々と聞かされる」という被害者的な思いになる。
話した方もそれほど、満足感はないので無駄なサイクルのように思える。
もちろん、親の大事な時間を自分の為に割いてくれたという、信頼感に繋がる関係は少しは築けるかもしれない。

ネガティブになった娘には意識的にその話を止めるということはできない。
意識的になる瞬間を増やしていけば、ウツ的なものから離れられるという。
「意識的に」ということが結構、キーワードかもしれない。
ご飯食べる時も、かむことに意識を持っていく。
例えば、かんだ数を数えながら食べてみるとか。

ちょっと娘に「意識的になる、集中力でもってウツに立ち向かう」という考えも有るんだと話してみようと思った。

焼肉を食べると、けっこうポジティブになると思う。
焼肉、いいぞ!v(^-^)v
[PR]
by yoko9021 | 2010-11-13 20:53 | アスペ・子育て
<< 2010,11/19(金) 勝... 2010,11/12(金) ラ... >>